コーヒー豆について

※上の写真はネルドリップで抽出しています。

コーヒー豆の分量(慣れたら好みの味に微調節してください)

ベースとなる豆の分量と抽出量を決めておくことがとても大切です。これは自分好みの味を探求する際のベースキャンプのようなものです。

ベース分量で淹れたコーヒーの味と比較しながら、自分の好きな味を探します。  例えば、もう少し苦くしたいならベースの豆分量にさらに豆を加えてみたり、酸味が欲しいならベース分量のまま豆を粗びきにしてみたりして試してみます。
もちろん豆自体の種類が変われば、またベース分量に立ち戻ることになります。

豆の分量、豆の粒度、抽出量を変えることで、同じ豆でも全然違った味が楽しめるのです。

■我が家のベース分量 (マグカップ2杯分)

豆の分量 メジャースプーン2.5杯 (1杯 ≒ 10g)
豆の粒度 中挽き程度(ちなみに我が家ではほとんど変えません)
抽出量 サーバー4目盛り弱(1目盛り ≒ 100cc)

ろ紙(ペーパー)の折り方

ろ紙(ペーパー)の折り方 ろ紙の側面を折り、次に底面を側面とは逆の方向に折ります。
ページのトップへ

抽出のしかた

抽出方法にはネルドリップなど方法は他にもありますが、ここではよりお手軽なペーパーフィルターで抽出する方法をご紹介します。

1.お湯の温度
熱湯ではなく、少し冷めたお湯を使います。85℃~90℃位が目安です。
蒸らし
2.コーヒー粉をたいらにならし、一回目の注湯
ならすのは手でトントンっとすればOK.
蒸らし
3.蒸らす
初めにお湯を注ぐ際は、“蒸らし”といって、コーヒー粉にお湯を染み渡らせたところで一度注ぐのを止めます。
新鮮な豆であれば、この時に粉がぷくっとふくらんだようになります。(豆が古いとほとんどふくらみません)
この状態で30秒ほど待ちます。
コーヒーのおいしい成分を引き出すための大事な工程です。
お湯を注ぐ
4.お湯を注ぐ
中心部から外側へ『の』の字を描くように注いでいきます。お湯は一気に注ぐのではなく、細く少しずつ注ぎます。ドリッパーの中のお湯が落ちきる前に、注湯するようにします。
その時に、水位はあまり高くなりすぎないようにしてください。
できあがり
5.出来上がり
サーバーの目安まで注ぎ終えたら完成です!
温めておいたカップに注いでいただきます!
ページのトップへ